ワニ狩り連絡帳2

前世のワニ狩りの楽しい思い出。ネコのニェネントとの暮らし。

ホームシアター

『ゴジラvsスペースゴジラ』(1994) 川北紘一:特技監督 山下賢章:監督

ゴジラVSスペースゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>橋爪淳Amazon 東宝は「ゴジラ映画」は前作で終わりにするつもりもあったようだが、競合を避けていたアメリカのローランド・エメリッヒ監督の『GODZILLA』の製作が遅れていたため、「そんじゃ」と、急…

『ゴジラvsメカゴジラ』(1993) 川北紘一:特技監督 大河原孝夫:監督

ゴジラVSメカゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>高嶋政宏Amazon 前作『ゴジラvsモスラ』は1993年の邦画で最大の観客動員となり、歴代ゴジラ映画トップのヒット作となった。本来はこの作品をシリーズ最終作にするという考えもあったらしいが、この際もっと…

『ゴジラvsモスラ』(1992) 川北紘一:特技監督 大森一樹:脚本 大河原孝夫:監督

ゴジラVSモスラ <東宝Blu-ray名作セレクション>別所哲也Amazon 本当は大森一樹監督は次回作としてモスラを登場させることを考えていて、ゴジラ抜きの脚本を準備していたそうだが、『ゴジラvsビオランテ』の評判から次作は『ゴジラvsキングギドラ』となり、以…

『ゴジラvsキングギドラ』(1991) 川北紘一:特技監督 大森一樹:脚本・監督

ゴジラVSキングギドラ <東宝Blu-ray名作セレクション>中川安奈Amazon 前作『ゴジラvsビオランテ』につづいて、脚本と監督は大森一樹の続投になった。実は興行収入はその前の『ゴジラ(1984)』に届かず、目標にも達しなかったのだけれども、プロデューサーの田…

『ゴジラvsビオランテ』(1989) 川北紘一:特技監督 大森一樹:脚本・監督

ゴジラVSビオランテ <東宝Blu-ray名作セレクション>三田村邦彦Amazon 前作で三原山火口に消えたゴジラは復活し、新しい敵と対決することになり、その前作がかなりのヒットになりもして続編企画が始まり、かつての敵怪獣との「対決シリーズ」が復活することに…

『ゴジラ』(1984) 中野昭慶:特技監督 橋本幸治:監督

ゴジラ(1984年度作品) <東宝Blu-ray名作セレクション>小林桂樹Amazon この作品が公開された1984年はまだ「昭和」だけれども、次の『ゴジラvsビオランテ』からは「平成」になるので、この「第2期ゴジラシリーズ」は「平成ゴジラシリーズ」と呼ばれる。こ…

『ゴジラ対メカゴジラ』(1974) 中野昭慶:特技監督 福田純:監督

ゴジラ対メカゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>大門正明Amazon 東宝としては、去年の暮れに公開した特撮映画『日本沈没』が大ヒットしたこともあり、「東宝の特撮映画ということで一般客が流れてくることが見込める」と考えたらしく、これまでのゴジラ…

『ゴジラ対メガロ』(1973) 中野昭慶:特技監督 福田純:監督

ゴジラ対メガロ <東宝Blu-ray名作セレクション>佐々木勝彦Amazon 「独立採算制」か何かわからないけれども、1970年に東宝撮影所美術部が「東宝美術」として独立、翌1971年には映像事業部が「東宝映像」として独立し、前作『ゴジラ対ガイガン』は製作協力とし…

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(1972) 中野昭慶:特技監督 福田純:監督

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン <東宝Blu-ray名作セレクション>石川博Amazon 前作『ゴジラ対ヘドラ』に対する、当時の批評的かつ商業的な低評価に失望したプロデューサーの田中友幸は、ゴジラを60年代の黄金時代に回帰させる方法を模索始めた。1971年の「東…

『ゴジラ対ヘドラ』(1971) 坂野義光:監督

ゴジラ対ヘドラ 4Kリマスター 4K Ultra HD [Blu-ray]山内明Amazon 日本映画界の斜陽化はさらに深刻になっていたし、前年の初めに特技監督を長く務めた円谷英二氏も亡くなられ、東宝の特撮チームはほぼ壊滅状態。 そんな中、これまでのゴジラ映画のプロデュー…

『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』(1969) 本多猪四郎:監督

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 <東宝名作Blu-rayセレクション>佐原健二Amazon 実は前年の『怪獣総進撃』で東宝はもう「ゴジラ映画」から撤退しようとしていたのだけれども、「子供向けプログラム」の中で公開された『怪獣総進撃』は観客動員数…

『怪獣総進撃』(1968) 有川貞昌:特技監督 本多猪四郎:監督

怪獣総進撃 4Kリマスター 4K Ultra HD [Blu-ray]久保明Amazon 1960年代後半、日本の映画産業にも衰退の影が忍び寄り、ゴジラシリーズも年々観客動員数は減少しつづけた。東宝はけっこうな製作費のかかる怪獣映画はもういいかげんにしたいと考え、そのラスト…

『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967) 有川貞昌:特技監督 福田純:監督

怪獣島の決戦 ゴジラの息子 <東宝Blu-ray名作セレクション>高島忠夫Amazon 東宝は、この1967年の7月に公開された『キングコングの逆襲』に本多猪四郎監督や円谷英二特撮監督、伊福部昭の音楽など一流のスタッフを起用し、同じ1967年12月公開のこの『怪獣島…

『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966) 円谷英二:特撮監督 福田純:監督

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 <東宝Blu-ray名作セレクション>宝田明Amazon アメリカとの「キングコング」使用契約期間の残っていた東宝は、「もう一本キングコング映画を」とアイディアを練り、エビの巨大化した「エビラ」とキングコングが戦う『キ…

『マタンゴ』(1963) 円谷英二:特技監督 本多猪四郎:監督

マタンゴ [東宝DVD名作セレクション]アーティスト:久保明東宝Amazon 東宝はゴジラなどの登場する「怪獣映画シリーズ」と並行して、「変身人間シリーズ」という特撮モノを3本ほど撮っていたけれども、この『マタンゴ』はその番外編的作品。東宝の特撮映画に…

『怪獣大戦争』(1965) 円谷英二:特技監督 本多猪四郎:監督

怪獣大戦争 4Kリマスター 4K Ultra HD [Blu-ray]宝田明Amazon ここまでのゴジラ映画は、アメリカでも再編集、英語吹替されて公開されていたのだけれども、そのユナイテッド・プロダクションズ・オブ・アメリカ(UPA)は、プロデューサーのヘンリー・G・…

『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964) 円谷英二:特技監督 本多猪四郎:監督

三大怪獣 地球最大の決戦 4Kリマスター 4K Ultra HD [Blu-ray]夏木陽介Amazon ついに、「キングギドラ」が登場するのだ。わたしの考えではこの「キングギドラ」、世界の怪獣映画の中でも最高の造形で、そのオリジナリティーからも、もはや「芸術」の域に達…

『モスラ対ゴジラ』(1964) 円谷英二:特技監督 本多猪四郎:監督

『モスラ対ゴジラ』4Kリマスター [Blu-ray]宝田明Amazon 『ゴジラ』公開以来、東宝怪獣映画十周年を記念しての作品で、先に大ヒットした『キングコング対ゴジラ』『モスラ』の2作を受けて、「ゴジラとモスラを対決させようじゃないの」となった作品。 円谷…

『キングコング対ゴジラ』(1962) 円谷英二:特技監督 本多猪四郎:監督

キングコング対ゴジラ 東宝DVD名作セレクション高島忠夫Amazon 『ゴジラの逆襲』以降、ゴジラ映画はしばらくつくられなかったのだけれども、その間も本多猪四郎監督と円谷英二特技監督とのコンビは『空の大怪獣 ラドン』(1956)、『大怪獣バラン』(1958)、『…

『ゴジラの逆襲』(1955) 円谷英二:特技監督 小田基義:監督

ゴジラの逆襲 <東宝Blu-ray名作セレクション>小泉博Amazon 1954年の11月に公開された第一作『ゴジラ』は超大ヒットし、国民の十人に一人は『ゴジラ』を観た計算になるという。おかげで傾きかけていた東宝の屋台骨は一気に持ち直し、「続篇を撮ろう」という…

『ゴジラ』(1954) 円谷英二:特技監督 本多猪四郎:監督

ゴジラ宝田 明Amazon 以後70年つづく「ゴジラ映画」の原点。「どうしてこれだけ巨大な怪獣が生まれたのか?」という答えを明確に「太平洋での核実験の影響」とし、その怪獣が、戦後の復興の進んでいた東京をまたメチャメチャにした結果の惨状も、しっかりと…

『MINAMATA-ミナマタ-』(2020) アンドリュー・レヴィタス:監督

MINAMATA-ミナマタ- ジョニーデップ、真田広之、國村隼 (DVD) TCED6255-TCノーブランド品Amazon 写真家のユージン・スミスと、彼の妻となるアイリーンとの、水俣の取材をメインにとらえた作品。ユージン・スミスを演じたジョニー・デップはプロデューサーも…

『ジョーカー』(2019) トッド・フィリップス:監督

ジョーカー [DVD]ホアキン・フェニックスAmazon 主人公のアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は年老いた母親のペニーと、おそらくは低所得者対象のアパートに住んでいて、派遣の「道化師」の仕事をしているが、発作的に笑い出してしまう精神障害…

『シャレード』(1963) スタンリー・ドーネン:監督

シャレード デジタル・リマスター版 [DVD]オードリー・ヘプバーンAmazon 監督は『雨に唄えば』で有名なスタンリー・ドーネンだけれども、わたしはその有名な『雨に唄えば』をまだ観たことがない。そもそもスタンリー・ドーネン監督の作品自体、一本も観てい…

『生きる LIVING』(2022) オリヴァー・ハーマナス:監督 カズオ・イシグロ:脚本

生きる LIVING [DVD]ビル・ナイAmazon ちょうどこの1月に、テレビで黒澤明監督の『生きる』を観たばかりだったので、どうしてもこの『生きる LIVING』を比べてみたくなってしまうのだが、わたしは早くも1月に観た『生きる』のことを忘れかけてもいる。 物…

『危険なメソッド』(2011) デヴィッド・クローネンバーグ:監督

危険なメソッド [DVD]キーラ・ナイトレイAmazon この作品のことはまるで知らなかったが、ジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユングとのドラマ、そこにわたしの知らなかった人物だが、ザビ―ナ・シュピールラインという実在の女性が絡むのである。ザ…

『アメリカ、家族のいる風景』(2005) サム・シェパード:脚本・主演 ヴィム・ヴェンダース:監督

アメリカ、家族のいる風景 [DVD]サム・シェパードAmazon 原題は「Don't Come Knocking」で、「ノックしに来ないで!」って感じ。主人公の行動へ向けてのタイトルなのだろうか。 主人公のハワード・スペンス(サム・シェパード)はかつて(1970年代?)西部劇…

『左利きの女』(1978) ロビー・ミューラー:撮影 ペーター・ハントケ:脚本・監督

左利きの女 [DVD]エディート・クレバーAmazon 映画冒頭の、この作品レストア時に付加されたらしいテキストによると、この作品は1976年に発表されたぺーター・ハントケ自身の小説をもとにしており、1977年の3月から4月にかけ、フランスのパリ近郊のクラマー…

『ファンタスティック Mr.FOX』(2009) ロアルド・ダール:原作 ウェス・アンダーソン:監督

ファンタスティック Mr.FOX [DVD]ジョージ・クルーニーAmazon 原作はロアルド・ダール。ロアルド・ダールといえば『チャーリーとチョコレート工場』の原作者で、その奇妙な味わいの作品には日本でもファンが多い。この『ファンタスティック Mr.FOX』も、か…

『まわり道』(1975) ペーター・ハントケ:脚本 ヴィム・ヴェンダース:監督

まわり道 デジタルニューマスター版 [DVD]リュディガー・フォーグラーAmazon 映画の導入部で、川沿いの町をとらえる空撮撮影が素晴らしい。川はエルベ川で、町は主人公の住むという設定のグリュックシュタットという町らしい。 冒頭、作家志望の主人公はトロ…