ワニ狩り連絡帳2

前世のワニ狩りの楽しい思い出。ネコのニェネントとの暮らし。

2019-10-12(Sat)

 ついに台風が来る。部屋は雨戸を閉め切っているが、雨戸のない出窓のところから外の光が入って来るから、そこまでに暗くはない。朝方から、今日は土曜日なので「ウィークエンド サンシャイン」を聴くが、この日は先日亡くなられたGinger Bakerの特集だった。わたしはこのあたりのロックにはほとんど興味がないので聞き流す感じ。わたしがロックの分野でいちばん好きなドラマーは、Fairport Conventionなどに在籍したDave Mattacks一択である。まあウッドストックで一人勝ちしたSantanaのMichael Shrieveもいいけれども、彼の演奏はウッドストック以外知らないし。オンエア中もひんぱんに各地の気象情報というか、警報発令の知らせが入ってきて音楽が中断される。まあFMなんだからそういう警報とか、よほどの緊急事態以外は入れなくてもいいようには思うが、やはりそういうわけにもいかないのか。

 テレビをつけるともう台風関連の情報にあふれているのだけれども、そのうちにいっしゅん、パチッと電気が点滅し、「これって<停電>の一歩手前なんじゃないの?」と思う。以前東日本震災のときわたしの住まいも停電したのだったが、そのときの感じと同じだ。「これはヤバいかもな」と思っていたのだが、まだ外は明るいし様子を見ていたのだが、そのうちに報道で千葉で停電が起きたということが知らされた。「やはりね」というところだったが、実際に以後ヤバいかもしれない。
 外はずっと雨が降り続いているのだが、だんだんに雨脚は強くなってくる。台風はどうやら夜には伊豆半島あたりに上陸してくるらしい。そのあとは東京のど真ん中を横断し、まさにわたしの住まいのあたりを通過していくみたいだ。ぜったいにヤバい。

 今回の台風はどうやら「風」よりも「雨」の被害が大きくなりそうで、昼頃からあちこちで川が氾濫したとのニュースが流れてくる。風もまったくないわけではなく、千葉の市原市では竜巻のような突風が起きたようでもある。
 日が暮れてくると外の雨音も強くなり、さらにテレビで伝えられる被害の様子もわかってくる。前の台風15号のときは千葉県に被害が集中していたけれども、今回は関東全体、そして長野県などの各所の河川の氾濫が起きているようだ。台風の接近で気圧も下がってきているはずで、そのせいか頭が重いというか調子が悪い。

 夜になって、台風はやはり伊豆半島に上陸する。部屋に居る限りではあまり風は強くないようだけれども、このあたりもかなりの雨のようだ。荒川が氾濫したりすれば東京も大変なことになる。あちこちに「避難勧告」が出ているようだ。わたしの住まいは500メートルぐらい先の手賀沼への斜面の中腹にあり、まあ100パーセント水の被害は起こらない。あとは風の心配だ。
 9時半ごろからは風も強くなってきたようで、部屋の周りを風が駆け抜けるような音、何かが飛ばされて行くような音がサラウンドで響くようになる。「ついに来たか」という気分になるし、そんな外の物音で不安になっただろうニェネントもわたしのそばでウロウロするが、ニェネントもまた気圧の低下の影響があることだろう。

 「いよいよだな、覚悟をしよう」と思っていたところ、ちょうど10時になったころに急に外が静かになり、なんだか雨もやんでしまったようだ。「どうしたのか」と思ったのだが、ネットの台風情報などをみると、まさにこの時、まさにわたしの真上を「台風の目」が通過中のようだった。

 わたしは以前にも確か、自分の住まいの真上を台風が通過したことがあったと記憶しているけれども、それ以来のことだ。今わたしは「台風の目」の中にいて、台風が進んでいけばもういちど嵐がくるわけだろうと思ったのだが、これがいつまでも外は静かなままである。
 ネットに台風の雨雲の進行を時間を追って表示するものがあったのだけれども、それをみると台風は伊豆半島に上陸したときに伊豆半島のところで真っ二つに割れてしまったようにも見え、そのときに台風の南側の雨雲も消滅してしまったように見えた。つまり、「これでおしまい」なのだ。
 もちろん「これでおしまい」というのは我が家のことで、関東周辺のあちこちで河川が氾濫しようとしているし、茨城や福島ではこれから雨も本格化するのだろう。とにかくは大規模な被害が出ているようだ。
 河川の氾濫は上流からの雨水が川に流れ込むことで範囲も大きくなる。台風が行ってしまったから「終わり」ではなく、これからも大変だ。
 

『あいちトリエンナーレ2019 情の時代』@豊田市周辺/名古屋市美術館/愛知芸術文化センターなど

     f:id:crosstalk:20191011173034j:plain:w500

 (写真は「愛知芸術文化センター」展示のウーゴ・ロンディノーネの「孤独のボキャブラリー」)

 わたしは10時半ぐらいから、まずは豊田市周辺~豊田市美術館の作品から観始めたのだが、けっこう展示場所を徒歩で巡回するのに時間が取られたし、いちばん観たいと思っていたホー・ツーニェンの「旅館アポリア」はすべて鑑賞するのに1時間半ぐらいかかり、ここで大幅に予定よりも時間がかかってしまい、名古屋市に戻ってからの鑑賞が駆け足気味になってしまったし、デジカメのデータをミスってすべて消してしまったことにも、集中心をそがれることになってしまったかとは思う。
 そんな中でやはりさいしょに回った豊田市の作品が印象に残っていて、先にあげた豊田市の由緒ある料亭旅館「喜楽亭」全体を使ったホー・ツーニェンの「旅館アポリア」、廃校になった高校の水を抜かれたプールでの高嶺格の「反歌:見上げたる 空を悲しも その色に 染まり果てにき 我ならぬまで」、そして豊田市駅構内で展示された小田原のどかの作品が心に残った。また豊田市美術館の展示でも、タリン・サイモンの写真作品、そして美しいスタジオ・ドリフトの「shylight」など。

 書いているとあまりに長くなるので、先日別のところに描いた「まとめ」の簡単な文章を転載することにする。

 『あいちトリエンナーレ』を観てきた。台風のために一泊がかなわず、東京から日帰り駆け足の鑑賞、アクシデントもあって見落とした作品も多い。
しかしまずは、刺激的なすばらしい「国際美術展」ではあったと思う。トリエンナーレ全体を観ず、一部の展示(「表現の不自由・その後」)をのみ問題にして攻撃する「分断」は悲しい。
現代アートには「社会学」的視点を基礎にヴィジュアル化する作品が多いが、「あいちトリエンナーレ」にもそのような作品が多く観られた。
とりわけ、近代~現代アジア史(日本史)を問う作品が印象に残り、そのコンセプトの中で「表現の不自由展」も観られるべきだったのに残念だと思う。例えば評判の高かった喜楽亭のホー・ツーニェンの作品、そして名古屋市美術館の藤井光の作品などを絡めて、「表現の不自由展」を批判するような、つまり、「あいちトリエンナーレ」全体を観たうえで批判するような視点がないことが悲しい。やはり批判する人らは「アート」に興味がない、そもそもが体制批判色の強い「アート」なるものを、手ぐすねを引いてつぶしてやろうとしているだけなのか。
過去の「保守」/「右翼」論壇ならば、「あいちトリエンナーレ」全体をしっかり鑑賞した上で、「ココは賛同できない」とか語ったことであろう。アートを観ようとしない人たちがアートを批判しようとする潮流は悲しい。
 

2019-10-11(Fri)

 ついに、名古屋へと旅立つ。台風はどんどん日本本土に接近して来ていて、この朝は四国の南の海上にあり、北東に進んでいる。外を見ると曇天で雨も降り出しそうな空模様。朝のニュースで、明日は終日東海道新幹線は運休するだろうと言っている。これで今日中に東京に帰ることが決定だ。せっかく新幹線に乗っての十ウン年ぶりの「旅行」だというのに、「日帰り」しなくてはならないのは残念だ。出来るだけ早くウチを出て、トリエンナーレ開場と同時に観始めようと思ったのだが、家を出たのは6時ぐらい(「今のうちにやっておこう」と雨戸を閉め、ニェネントくんに多めに食事を出してあげてから家を出た)。東京駅で新幹線に乗ったのは7時半を過ぎてしまった。名古屋に到着するのは9時半ぐらいになるだろう。そしてわたしはまずは豊田市の展示を観たいので、名古屋~豊田市で1時間近くかかってしまうだろう。むむむ、10時前には豊田市に到着しておきたかったのだけれども、出遅れてしまった。
 しかし、台風来襲の前日というせいか、さすがに早朝の新幹線はガラ空きだ。

     f:id:crosstalk:20191014125636j:plain:w500

 空は曇っていたが、うまいぐあいに雲の間から富士山の姿を見ることが出来た。やはり「西への旅行」といえば富士山を見なければいけない。これはうれしいことだった(海を見ることはかなわなかったが)。

     f:id:crosstalk:20191014125708j:plain:w500

 名古屋到着。名古屋駅の周辺はなんだか中央線沿線の駅前のような雰囲気で、「こじんまりしてるな」という印象(実は「名古屋駅」からは離れたところに繁華街があるわけだが)。
 豊田市へ向かう地下鉄を探して乗る。これが思ったよりも時間がかかって、豊田市に到着したのは10時半をまわっていた。詳細は別に書くとして、豊田市の展示を観終えると、もう時刻は2時に近かった。また電車で名古屋まで戻り、まずは名古屋市美術館の展示を観るのだが、その前にあまりにお腹がすき、目の前にあった定食屋「宮本むなし」に飛び込んだ。これは今では首都圏にはないチェーン店だから、まあ「旅行気分」ではあるだろうか? 名古屋だからということで、「おろしカツ定食」をいただく。なかなかにおいしかった。

     f:id:crosstalk:20191014132446j:plain:w500

 美術館は普通だったら展示時間は6時までなのだけれども、この日は金曜日なので8時までの展示なのはうれしい。ただ、「四間道・円頓寺」での展示を観る時間は取れないようなのであきらめる。
 名古屋市美術館からもうひとつのスポットの愛知芸術文化センターまでは地下鉄を使うとよかったらしいのだが、わたしはその地下鉄の駅名を取り違えてしまい、けっきょく徒歩で芸術文化センターに来てしまった。まあ徒歩でも20分ぐらいのものだったと思うが。

 それで、このトリエンナーレ、基本的に作品の撮影もOKということで、ここまでわたしもデジカメであれこれと写真を撮っていたのだけれども、この芸術文化センターに入るときにデジカメを操作していて、まちがえてデジカメ内のすべてのデータを消去してしまった。「まちがえて」というか、このデジカメはこの種の誤操作をしやすいのだ。メカの設計ミスだろう。
 しかし、全データを消去してしまったとわかった瞬間にわたしの脳内もいっしゅん真っ白になってしまい、ここでつまりは「プッチン」と何かが切れてしまい、以降の作品鑑賞に熱が入らなくなってしまったのは確か。

 もう『バッコスの信女』を観られないのは確定で、その代わりに評判の高い小泉明郎の『縛られたプロメテウス』を観る時間はあるのでそちらを観ようかと思ったのだが、すでに当日券もなくなってしまっていた。
 キャンセルを伝えるために『バッコスの信女』の受付に行き、「宿泊できなくなったので観られないからキャンセルしたい」と伝える。受付嬢の対応は冷たい。「上演時間が短ければ観られる」と聞いてみたら、なんと上演時間は2時間半になるそうだ。それはもうぜったいに観るのは不可能。あきらめもついた。

 「もう帰るぜ」と会場を出て、ここで「せっかく名古屋に来たのだから」と、駅への道沿いにあった「味噌煮込みうどん」の店に立ち寄る。玉子を食べると胃の調子が悪くなりそうな予感があったので、「鳥味噌煮込み」というシンプルなものにしたが、「手打ちうどん」は野趣があってそれなりに美味だったけれども、「味噌煮込み」のおつゆ自体はおいしいものでもなかった。普通にこんなものなのだろうか? っていうか、これ、原価ほとんどかかってない印象。

 名古屋駅に8時に着き、目の前に来ていた東京行きの新幹線に飛び乗る。自由席に当然「空き席」はなく、ドア近くに座り込む。東京に近づくと列車は遅延し、本来9時40分ぐらいには東京駅に着くはずのが30分以上遅れる。「これは品川で降りて山手線とかに乗り換えた方が早いだろう」と品川駅で降りると、ちょうど「上野東京ライン」の電車が来るところで、まっすぐ帰路に着くことが出来た。
 「そういえば、ウィンナとかの在庫がなくなっていたな」と思って手前の駅で下車し、コンビニに寄って買い物をした。コンビニの売り場からパンや弁当はすっかり姿を消していて、コンビニの前には搬入のトラック、店員さんは空になった棚に商品を積み込むのに大忙しのようだった。台風前夜だ。
 

2019-10-10(Thu)

 台風19号のコース取りは最悪になりつつあり、どう転んでも12日から13日にかけて東海から関東に上陸しそうだ。しかも超大型台風なわけで、気象庁では「狩野川台風」と比較して注意を呼び掛けている。こういうときには交通機関も「計画運休」で、被害の出る前に電車などストップさせるのだけれども、つまり東海地区が台風の暴風雨圏内に入るであろう12日の午後には、新幹線も止まってしまう可能性が高い。そうすると仮にわたしが名古屋で11日に宿泊して『あいちトリエンナーレ』を観るとすると、トリエンナーレの開場は10時だろうからほとんど観る時間はないし、いつも新幹線の運行状況を気にしていなければならない。これは、「宿泊は無理」と考えて11日に「日帰り」の日程とするべきだろう。
 トリエンナーレ行きのひとつの目的でもある舞台、市原佐都子の『バッコスの信女』だが、開演が19時で上演時間は120分とパンフには書かれているから、終演はつまり21時。そこから急いで名古屋駅に向かって新幹線に乗るとして東京着は24時に近い。つまり、そこから自宅に帰るにはもうギリギリの時間なのである。しかもこれは頭で考えたスケジュールだから、どこでどう狂うかわかったものではない。『バッコスの信女』を観ることはあきらめなければならないだろうか。

 そして名古屋から帰って12日にはその台風が来る。その対策も今日のうちにやっておかなければならない。ウチはプロパンガスだからガスが止まるということはまずないだろう。ただ「停電」と「断水」には備えておかなければならない。水は浴槽をきれいに掃除して、水をいっぱいにためておくことで相当期間持たせることが出来ると思う。電気は問題だ。明かりにはずっと昔から持っている「灯油ランプ」が役立ってくれるだろう。‥‥しかし、灯油がない。「これは<食用油>で代用できないのだろうか?」と調べたら、まったく大丈夫だということがわかった。試しにサラダオイルを入れてつけてみた。心もとない明るさだけれども、真っ暗闇よりはマシ。役に立ってくれそうだ。

     f:id:crosstalk:20191012103933j:plain:w500

 あとは情報源としてのケータイの電源をどうするか?ということで、これは少しでも長持ちさせるため、モバイルバッテリーを買っておこうと決めた。あと、LEDのライトもあるといい。そして、もしも「避難」しなければならなくなったら、身の回りの物を入れて運ぶのに今のバッグでは不便なので、バックパックも欲しい。そんなものを買いそろえるのに午後からとなり駅に出かけた。

 駅のそばのケータイのモバイルショップの前を通ると、客が誰もいなかったので「ついでに<機種変更>の手続きをしておこう(ちょうど買ってから2年になるのだ)」と、店に入って手続きする。面倒なこともなくちゃっちゃっと終了し、欲しい機種が品切れだったので来週受け取りに来ることにした。
 この店にモバイルバッテリーも売られていたけれども、ちょっと高額だったので駅前の家電量販店と比較してから買うことにする。その家電量販店に行ってみると、さすがに皆同じことを考えるようで、モバイルバッテリーの置かれたコーナーには何人もの人が群がり、商品をとっかえひっかえ手にして「どれにしようか」と考えている。もうすっかり売り切れてしまったものもあるようだ。
 わたしは「とにかく予備電源があればいい」というあまり危機意識のない買い方をして、あまり財布が軽くなることもない。この「危機意識のなさ」はこの日は継続し、スーパーの店頭でちょうどバーゲンで売られていたへなへなのバックパックを買い、100円ショップでLEDライトを買って「お買い物」はおしまい。

 帰宅して、ちゃっちゃっと明日の「旅行」の準備をして寝るのだった。寝ているあいだに台風が消滅してくれればいいのだが。
 

『没後90年記念 岸田劉生展』@東京・東京ステーションギャラリー

     f:id:crosstalk:20191013113347j:plain:w500

 岸田劉生は、近代日本美術史の中で特異な位置を占めていると思っていた。それは、「印象派」に耽溺することもなく、もっと時代をさかのぼった北欧フランドル美術への親和性にあるのではないかと思っていた。そのことが、この展覧会を観ようと思った理由でもあった。‥‥ところが、そんな予測/期待はすぐに裏切られた。
 しばらく前に坂本繁二郎の回顧展を観て、「この人は<写生>の人だ」と思ったのだったが、この岸田劉生もまた、<写生の人>である。目の前に見えるものしか描かない/描けない。しかも、(正直言って)相当に<下手>である。この人は、たいていのものを「概念」で観ている。そういう意味では<写生>以下のところがある。風景画で見られる木々の描写など、わたしの目には「アマチュア」レベルに見えるし、多くの「自画像」はすべて同じ方向からの同じ構図であり、画家の「自意識」以上のものが発見出来ない(造形的に作品を構築しようという気概が希薄だと思う)。
 彼がその生涯で「大きな作品」を描いていなかったということもちょっとした「驚き」で、せいぜい油絵の大きさでいえばF15号ぐらいの作品しか描いていない。まあ「大きさ」のことはその作家の評価に無関係だとはいえ、それで当時ある程度の評価を得、今でも「歴史に残る画家」とされることに驚きを感じる(だって、<下手>だし)。

 昔から、彼の作品を画集などで見ても、造形的にその「絵」の裏側がまるで描かれてはいないことは気になっていたのだけれども、こうやって彼の作品を連続して見ても、やはり彼は<物質の裏面>を描いてはいない。例えば彼の作品でいちばん有名な「切通しの風景」(じっさいのタイトルは「道路と土手と塀」というものらしい)にしても、その<切通し>の向こう側は<空っぽ>なのだ。壺を描いた静物画にしても、その「壺」には裏側がない。
 それはある面で<表象>だけの世界であるのだけれども、この奥に<イデア>が存在するのかどうかということは微妙だ。彼はその晩年には宋画に傾倒して<写生>から離れた作品も描き始めたところで早逝するが、面白いものではないと思った。

 ただ、国の重要文化財にもなっている「切通しの風景」だけは、あまりにも素晴らしい。おそらくこの時、岸田劉生の腕に<神>が降臨したのであろう。<偉大なるかな神よ!>と云うしかない。
 

2019-10-09(Wed)

 今日は仕事のあと、「東京ステーションギャラリー」というところに立ち寄り、開催中の『岸田劉生展』を観ることにした。「美術の秋」というのか、いろいろと観ておきたい展覧会があちこちで開催されている。六本木の『塩田千春展』も10月中には終わってしまうから行かなくてはならないし、エドワード・ゴーリーの展覧会もまた行きたい。この『岸田劉生展』も20日で終了だから観るのなら早く行かなくてはいけないし、場所が仕事の帰りとかにすぐ行けるところにあるから、この日に行ってきた。

     f:id:crosstalk:20191009130522j:plain:w500

 この「東京ステーションギャラリー」というスポットを訪れるのは初めてだと思うが、まさに「東京駅」の構内にある、面白いスポットだ。
 しかし、先日観たジュリアン・オピーの展覧会はほんとうに若い人らが観客のほとんどだったのだけれども、今日訪れたこの展覧会、見事なまでに年配のお客さんばかりだ。まあジュリアン・オピーを観に行ったのは日曜日だったし今日は平日、そういう条件の差はあるかと思うのだけれども、かなり強烈だった。
 感想は別に書くけれども、わたしは「よくこの人は<日本近代美術史>に名をのこす存在になれたものだ」という思いが強かった。

 ギャラリーを出て帰宅し、「さて」と、明後日に迫った名古屋行きのことを考える。台風19号は少しばかり予想進路を西に移動させ、12日の夜から13日にかけてはまさに東京あたりを直撃しそうなコース取りだ。わたしは12日の昼は出来るだけ名古屋にとどまり、名古屋周辺のトリエンナーレ展示を観てから帰路に着きたいと思っているのだが、これは場合によっては早い時間に新幹線もストップしてしまい、名古屋でいつまでもウロチョロしていると東京に帰って来られなくなるおそれもある。はたしてどういう日程を組めばいいか、もちろん最終決定は名古屋に行ってからのことにはなるだろう。
 

2019-10-08(Tue)

 毎朝、通勤のときに必ず同じ電車に乗っていた人が、10月になってからいなくなった。前からこういうことがよくあって、「あの人はいつの間にか会わなくなってしまったな」というケースはけっこうある。それなりに毎朝、「今日もやはりあの人がいつも通りに来ているな」とか、「あれ?今日はお休みなのか」とか気にかけていたりしたが、さすがに一週間つづけて姿を見ないと、「仕事を辞めたか、勤務時間帯が変わったのだろうな」と思い、もう会うこともないだろうと思う。それはちょびっと寂しいことだ。

 旅行の準備もだいたい整ったというか、あとはじっさいに『あいちトリエンナーレ』に行ってどのように行動するかという、ある意味でいちばん肝心の問題が残るだけなのだけれども、まずは金曜日に名古屋へ行き、まだ天候も崩れていないことを想定して豊田へ足を向け、金曜日は豊田周辺の展示を観てまわるつもりである。それで時間があれば名古屋へ戻って、「四間道・円頓寺」周辺の展示を観たい。夜は舞台を観て、翌土曜日には名古屋市美術館愛知芸術文化センターなどの展示を観たい。時間と天候が許せば、「劇団アルテミス」の舞台も観たい。
 しかし、台風にはやはり、ぜったいに来ないで欲しい。