ワニ狩り連絡帳2

前世のワニ狩りの楽しい思い出。ネコのニェネントとの暮らし。

『シン・ゴジラ』(2016) 樋口真嗣:監督・特技監督 庵野秀明:脚本・総監督

 日本の「ゴジラ映画」をリニューアルし、新しい視点から「怪獣との戦い」を描いた作品。今こうやって観ると、1954年の『ゴジラ』第一作の展開をかなりなぞっていることがわかる。そしてこの作品では、その1954年の『ゴジラ』もなかったことにされていて、「未曽有の巨大生物が日本~東京を襲ったとき、人々(とりわけ政治家ら)はどのように対処するだろうか?」ということを「シリアスに」追った作品なのだった。
 「現代の日本」が舞台にされていて、いちおう「日米安保」のことなども問題にはなってくるが、そこまでに「世界情勢の中の日本」ということは深く描かれてはいなくって、あくまでも「日本国内の問題」という描かれ方、ではあったと思う(アメリカからの女性「特使」は登場するが)。ただ、終盤には「多国籍軍」によるゴジラへの「核攻撃」が決定され、そのタイムリミットの前に日本独自の手でゴジラをせん滅しなければならなくなるが。
 ちなみに、「なぜ怪獣をゴジラと呼ぶか」ということは、過去の大戸島の言い伝えにあった神話的怪獣「呉爾羅」から採られていて、ここは1954年の『ゴジラ』をなぞっていた。

 最終的にゴジラを倒すには、科学者らの研究から「血液凝固剤」の使用となるが、そこへ至る科学者らの研究の背後には、1954年『ゴジラ』における芹沢博士の「オキシジェン・デストロイヤー」に匹敵する、ある科学者の研究があったのだった。

 映画は東京湾における「怪現象」から、そのことを協議する政府の閣議の模様が描かれ、さいしょはそれを「巨大生物」によるものという意見を一笑に付すが、じっさいにゴジラが姿をあらわしてからの混乱ぶりを、現実的に描いていく。
 以後もゴジラの品川地区への上陸、その後のゴジラの東京破壊行動のたびごとに「対策本部」の会議の模様が描かれていく。この作品ではゴジラは短時間に「第一形態」から「第四形態」へと容姿を変貌させ、「第一形態」では芋虫みたいなのがいわゆる「ゴジラ」の形態になっていくのだけれども、最後にはさらに「第五形態」への進化が危惧されているのだ。
 さて、ゴジラの上陸、街の破壊ぶりについては、VFXの活用が思う存分活かされていて、『ゴジラ FINAL WARS』から12年を経ての映像技術の進歩を思い知らされる(『ゴジラ-1.0』で知られることになった「白組」も参加している)。
 街の中をゴジラが破壊しながら突き進むという、『ゴジラ-1.0』でも観られたような描写も多いが、ただ、ゴジラの容姿については、そこまでにクリアに伝えたいという気もちもないようで、ボディもその顔の表情も、黒い色に埋もれてしまって「よくはわからない」という感じ。その分、「怖い」とかの感情移入を拒むものがあったみたいだ。

 ゴジラが品川から川を逆行して上陸してくるシーンなどは、明らかに「東日本大震災」のときの「津波」の映像を思い出されるものであったし、その後ゴジラ放射線をも放出していることがわかってからの展開など、まさに「原発事故」を含めた「東日本大震災」のときのメディアでの報道をも思い出してしまうのだった。

 出演者陣では、やはり主演格の内閣官房副長官矢口蘭堂を演じた長谷川博己が印象に残ったし、「東日本大震災」のときの枝野官房長官とかを思い出してしまい、「Sleep, Yaguchi!」とか声をかけたくなってしまった。
 彼と補佐官の赤坂を演じた竹野内豊との演技の対比も面白かったし、映画の中でひとりクールさをみせていた環境省の尾頭(市川実日子)が映画にアクセントをつくっていた。
 わたしはあと、大杉漣の演じた総理が亡くなったあと、農林水産大臣から総理大臣代理になった平泉成の、「やる気がない」ように見えて実はけっこう有能だったという、飄々とした演技が、とっても気に入ったのだった。

 とにかくディテールのしっかり詰まった、いくらでもその細部について語れてしまうような楽しい作品ではあった(すべてが「いいね」という意見ではないが)。
 このような、ある意味「国家レベルの大規模なパニック映画」というものでの、ユニークなアプローチによる作品として、過去に例がないものだったと思う(あれ? 考えてみたら『博士の異常な愛情』というのはこの路線だった?)。